髪を守る薬

山積みの薬

プロペシアとフィンペシアの効果について説明する前に、まずはAGAについての知識を持っておきましょう。
AGAは男性特有の症状で、額か後頭部のどちらか、もしくはその両側から薄毛の症状が始まっていきます。
原因は頭皮でDHTという男性ホルモンが増えることにあります。DHTは本来髪が持つ成長サイクルを縮めてしまう作用があるので、髪の毛がしっかり成長しなくなってしまいます。
具体的に言うと、本来2~6年間あるとされる髪の成長期が、DHTの影響を受けた場合は成長期が1年以内になってしまいます。
成長期が終わってしまった髪は、細くてか弱い髪になりますので、すぐに抜けてしまいます。抜けなかったとしても、見た目からして細いので、ボリューム感に欠けてしまうでしょう。
DHTがある限りは新しい髪が生えてきてもすぐに抜けてしまうので、根本から治療を行う必要があります。

そこで効果を発揮するのがプロペシアとフィンペシアです。これらの薬は頭皮のDHTを減少させ、太く強い髪の毛を生やしてくれます。
DHTさえなくなれば、これから生えてくる髪の毛は太く強い毛になりますので、抜け毛が減るのはもちろん、見た目も大きく改善されるでしょう。
プロペシアとフィンペシアは髪の毛を増やす作用があるのではなく、髪の毛がしっかり育つことができるようになる土壌を整える効果がある薬だといえます。
服用を続ければ緩やかではありますが、どんどん髪の毛は回復していくでしょう。より早く回復させたい場合は、髪の毛を生やす作用がある薬と併用するのがオススメです。